能生でもなく糸魚川でもないこの場所「木浦」という地域は

海に面する集落「鬼伏、鬼舞、浜木浦」の3つ、

山に面する集落が「新戸、中尾」の2つ、5つの集落で構成されています。

海からの恵み、山からの恵みを頼りにこの地域は協力し合い成り立ってきました。

平成7年に木浦地域の可能性を広げるために建てられた「長者温泉ゆとり館」はこの木浦地域の一番奥に位置する集落「中尾地区」にあります。

中尾住民を中心に守られてきたこの温泉宿は

私たちの代へと無事に引き継ぎがされ、私たちは住民の意思、思いを受け継ぎ、これからも絶やすことなく守り続けなければなりません。

定額制始めました

「暮らすように旅をする」

6年前にここ糸魚川に移住し、この地域で守り続けられてきた温泉宿を引き継ぎました。
特別なものは何もありません。
小さなお部屋、小さなお風呂の宿です、
「小さな集落に暮らすように泊まる」ただそれだけ。

この集落の季節ごとに訪れる、ゆっくりとした贅沢であったかい暮らし時間を共有できたらうれしいです。


皆さまにお会いできることを楽しみに日々を過ごしていきます。


長者温泉ゆとり館でほっと一息ついて

Produce  by  tugihagi blue
Powered by Webnode
無料でホームページを作成しよう!